HOME>イチオシ情報>こだわりと住みやすさを両立できれば良い家が完成します
間取り

打ち合わせを重ねて決めていく

注文住宅とは自分や家族の要望や希望を取り入れられる住宅です。自由にデザインして間取りを設定できます。自由度が制限される意味で反対なのが規格・分譲・建売住宅などです。自由度が高いということは自分のこだわりを家に反映させることができるのです。外観・内装・間取りなど全てこだわればさいたま市で世界にひとつだけの家が完成します。注文住宅は工務店や設計事務所から依頼できます。契約したら毎週や隔週に詳細の打ち合わせを行います。間取りだけでなく、仕様や素材などを話し合いながらマイホームづくりを進めていきます。会社側からも素材や仕様が提案されます。詳細が決まるたびに細かく見積もりを出してくれます。スムーズに進めるためには明確に希望を出すことが大切です。日頃から住宅の雑誌やSNSなどで良さそうな間取りやデザインを探しましょう。イメージをつかみやすくなります。

注意する点

注文住宅は外観や内装のパース図を作ります。しかし、完成形を100パーセントイメージすることはできません。実際に空間に立つのは無理なため、広いのか狭いのかイメージを掴むのが難しいです。また、住宅ローンは家が完成しないと融資が実行されず手続きが複雑です。土地の購入や着工金など事前に支払うお金は別のローンを利用する必要があります。注文住宅は理想を追求できますが、要望の通しすぎには注意が必要です。さいたま市の建築会社のアドバイスを聞かずに全てを設計すると不便な家になる可能性があります。こだわりを通しても住んでみると不便な点が見えてくることが多いです。希望を出してみて何か問題はないか確認をこまめにしていくことが大切です。それに注文住宅だからと言って要望を出しすぎると建築費用が高くなってしまいます。予算オーバーしないためにも妥協する点はある程度必要です。